カードローンを賢く利用【金利の低い商品に申込み】

Menu

教育費を準備したい

男の子と女の子

ローンで準備をする

子供が産まれたら考えなければならないのが、教育費です。子供を大学まで行かせるとなった場合に、高校入学から大学卒業まで子供1人当たり1000万円近くはかかるとされています。そのため、学資保険などに入りコツコツ積立をしていって準備をしていかなければならないのですが、その学資保険も加入した当初は毎月無理なく積み立てることができていたとしても転職や会社のボーナスカットなどで収入状況が変化していった場合、無理なく払えていたものが困難になってしまうこともあります。そのため、教育費を全部学資保険や貯蓄で準備しようとするのではなく、足りない部分は教育ローンで補うといった方法もあります。教育ローンは、和歌山県内の金融機関でも数多く取り扱っています。子供の教育関係に制限されるローンで、幼稚園から大学入学、各種専門学校の入学金、授業料などに使えるローンです。和歌山県内では、銀行や信用金庫、消費者金融、信用組合、労働金庫、JA、日本政策金融公庫などで教育ローンを取り扱っています。和歌山県内の金融機関でもそれぞれで金利や限度額も異なります。変動金利と固定金利を選べるものもあったり、無担保、有担保の商品で限度額も異なります。借入限度額を大きく金利も低くするなら和歌山県内でも有担保の教育ローンを取り扱っている金融機関で申込みをすることですが、担保となる物件を持っていない、そういった場合でも親など第三者による担保提供で融資が受けられる金融機関もあります。孫のために親に担保提供してもらうこともできます。

Copyright© 2018 カードローンを賢く利用【金利の低い商品に申込み】 All Rights Reserved.