カードローンを賢く利用【金利の低い商品に申込み】

Menu

将来の懸念を払拭する方法

電卓と硬貨

保険会社からも申し込める

2018年に入ってから、世界中で金利が上昇傾向にあります。金融緩和政策から脱却していることに加えて、資源高によるインフレ懸念が原因です。現在の日本は未だに低金利ですが、いつ金利が上昇してもおかしくありません。金利が上昇すると大きな打撃を受けるのが、住宅ローンを借りている方。変動金利型の住宅ローンを利用されている方は、今のうちにフラット35に借り換えてはいかがでしょうか。フラット35とは、全期間固定金利型の住宅ローンです。借り入れ時の金利がずっと続くため、金利上昇に万全に備えられます。また、一般的な住宅ローンと同じく、借り換えが可能です。借り換えの申し込み条件は、現在の住宅ローンを借りてから1年以上が経過していること。また、現在の住宅ローンを滞りなく返済していることです。審査は一般的な住宅ローンより緩やかとなっており、個人事業主や契約社員でも審査が通ります。借り換えさえ希望すれば、誰もが利用できるのはフラット35の魅力です。フラット35への借り換えは、提携金融機関より申し込めます。幅広い金融機関が提携しており、都市銀行や地方銀行、信用金庫、保険会社と申し込み先は多様です。金融機関によって若干金利が異なっているため、有利な条件で申し込める金融機関を探すといいでしょう。また、フラット35では、借り換えシミュレーションを用意しています。どれほど返済負担が減るかも、事前に調べておきたいものです。

Copyright© 2018 カードローンを賢く利用【金利の低い商品に申込み】 All Rights Reserved.